1. HOME
  2. >>商品案内
  3. >>農水畜産検査機材 アグリスティック サンプル抽出方法
商品案内
農水畜産検査機材
  • アグリスティック
  • ミートセーフ

アグリスティック サンプル抽出方法

農産物への適応(試料:農産物表面の洗浄)

ホウレンソウ約20g〜60g
スミチオン乳剤(往化園芸MEP50%濃度)
1/1,000〜1/4,000希釈液を噴霧(葉の裏表それぞれ2回ずつ)

屋外で乾燥

サンプルを秤量しチャック付きビニール袋へ入れる

検体と等量の精製水を同袋へ入れる(例:50gのサンプルに対して50mlの水)

袋の封を閉じ1分間緩やかに振盪する

付属のスポイトを用いて試料を採取する

スミチオン乳剤の各希釈率における判定部の吸光度値

  1. 1/1000希釈液
  2. 1/2000希釈液
  3. 1/4000希釈液
  4. 陰性コントロール
  5. スミチオン乳剤を用いた試験データ

    テストスティック下部判定部の呈色の様子(一例)

テストスティックの判定部を目視で確認したところ(判定色見本と比較)、スミチオン乳剤1/4000希釈液で陰性、1/2000希釈液で弱陽性、1/1000希釈液で陽性判定となった。このように希釈率が低くなるにつれ、基質の発色が抑えられる傾向がみられ、希釈率と吸光度に相関性が認められた。

加工食品(カレー)の検査例

検体の磨砕工程 約10分  
QuEChERS法による抽出工程 約15分  
検体由来色素の脱色、還元性物質の除去、抽出成分の濃縮工程 約10分  
抽出液(アセトニトリル層)の希釈とキットでの検査工程 約25分  

所要時間 約60分

冷凍食品(ぎょうざ)の検査例

検体の磨砕工程 約10分  
QuEChERS法による抽出工程 約15分  
検体由来色素の脱色、還元性物質の除去、抽出成分の濃縮工程 約10分  
抽出液(アセトニトリル層)の希釈とキットでの検査工程 約25分  

所要時間 約60分

冷凍食品(いんげん)の検査例

検体の磨砕工程 約10分  
QuEChERS法による抽出工程 約15分  
検体由来色素の脱色、還元性物質の除去、抽出成分の濃縮工程 約10分  
抽出液(アセトニトリル層)の希釈とキットでの検査工程 約25分  

所要時間 約60分

飲料食品(清酒)の検査例

固定カートリッジC18アプライ用試料調製 約5分  
検体中対象薬剤保持および洗浄工程 約10分  
出液(メタノール)の希釈とキットでの検査工程 約25分  

所要時間 約40分

飲料食品(果実・野菜ミックスジュース・紫)の検査例

固定カートリッジC18アプライ用試料調製 約5分  
検体中対象薬剤保持、洗浄、検体由来色素の脱色、還元性物質の除去工程 約30分  
溶出液(アセトニトリル層)の希釈とキットでの検査工程 約25分  

所要時間 約60分

飲料食品(牛乳)の検査例

QuEChERS法による抽出工程 約15分  
夾雑物の除去、還元性物質の除去、抽出成分の濃縮工程 約10分  
溶出液(アセトニトリル層)の希釈とキットでの検査工程 約25分  

所要時間 約50分

加工食品(らっきょう甘酢漬)の前処理例

検体の磨砕工程 約10分  
各種濾過工程 約30分  
検体中対象薬剤の保持、洗浄工程、キットでの検査工程 約40分  

所要時間 約80分

  • 東 京 TEL:03-3545-5724

PAGE
TOP